石毛宏典さんの打撃理論が凄すぎる!!

西武黄金時代を支えたバッティングとは?

※このコラムは、管理人個人の主観と文責にてお届けしています。

例によって、私は「変な人」なので、このコラムも「変な人」が「変なこと」を書いているな、程度に思っていただいて、適当にスルーしてください。(笑)

さて、かつての西武黄金時代を支えた核弾頭、石毛宏典さんの打撃理論が凄すぎる件をお届けします。

西武黄金時代を支えた石毛さんのバッティング


石毛さんと言えば、西武の1番バッターとして「西武、強すぎだろ!」と思わせた西武黄金時代の切り込み隊長です。選手としての実績は申し分ない人ですね。

阪神ファンの私はまだ清原がいなかった頃とはいえ、80年代の黄金時代の西武に唯一日本シリーズで勝ったのは阪神だけというのが嬉しい思い出でしたが、それくらい当時のセ・リーグチャンピオンは西武にやられ続けていたのです。

そんな石毛さんが、現在野球教室をしているのをご存じでしょうか?

実は、小学生相手に、独自の打撃理論を教えているんです。石毛さんは、「軸足で回れ」はまずない、「上から叩きつけろ」もない、とハッキリとおっしゃっています。

石毛さんが「軸足で回れ」「上から叩きつけろ」と言わない理由


「軸足で回れ」や「上から叩きつけろ」という理論は、現代野球では「真逆」なのだそうです。私個人としては、前から疑問に思っていたことだったので、なんとなくわかっていたことでしたが、こうもハッキリ言っていただけると嬉しい限りです。

これは以前のコラムでも書いたのですが、単純に「軸足」で回ると自動的に体(肩)が開いてしまうので、自分の「間合い」までボールを呼び込めないと思うんです。

百歩譲って、今は軸足で回る打ち方で「いい当たり」を連発していたとしても、これから近い将来に出会うはずの「変化球」を投げられたら、まるでタイミングが合わなくなって打てなくなるのは容易に想像がつきます。

なぜなら、軸足で回る打ち方は、スイングしに行った時に軸足と一緒に肩も開いてしまう(バットが回ってしまう)ので、タイミングを外された時点でグリップが前にきてしまうからです。これでは「間」を取ることができずファウルで逃げることもできません。

かつてイチロー選手も言っていましたね。「バッターというのは早い段階でピッチャーにここ(胸のこと)を見せたらいい結果は望めない」と。だから、「最後までグリップを後ろに残しておいて、タイミングを外されてもファウルで粘るんだ」と語っていました。

うちの4番が、今ちょうど軸足と肩が同時に回る打ち方をしていて、確かに今は「いい当たり」を連発していますが、このまま中学校に上がったら、変化球にはめっぽう弱くなってしまうことが懸念されます。

そこで、石毛さんの打撃理論の登場です。

石毛さんの凄すぎる理論の数々・・・


まずは、実際に動画をご覧になってみてください。

いかがでしたか?「腰を回せ」「上から叩きつけろ」という表現は使わないでほしいとハッキリおっしゃっていましたね。「フライボール革命」が叫ばれるようになった現代野球においては、上から叩いてゴロをねらう打ち方はもはや時代遅れであるということです。

また、軸足は「回す」のではなく「体重移動」のために前に「押し出す」というか「引きずる」ようにする、とも語っています。実は、この軸足の動きが最も顕著なのが、日本球界最強助っ人の「バース」なんです。

バースも例によって、グリップを一度下げてから上げる強打者共通の動きをしていますね。そして、この動画を見るとバースは軸足を回していないことがハッキリわかります。

軸足で回るというよりも、身体ごとボールにブチ当てるかのように軸足を引きずって体重移動をして打っていますね。そして、軸足は「回す」と言うよりも、「ひねって」前足に近づけていることがわかります。

手前味噌ですが、私のバッティングの写真でも軸足は「ひねっている」だけで「回して」はいません。

「フライボール革命」時代のバッティング指導法


石毛さんの打撃理論は、これからは小学生もフライを打つ練習をさせる時代に変わったことの証だと思いました。確かに、小学生のうちはゴロを転がせば何とかなるのは間違いではないです。小学生はエラーをする可能性が高いですからね。

でも、さすがにそれは中学高校と上がるにつれてなくなっていきます。高校野球ともなれば、エラー頼みのバッティングが通用するほど甘くはありません。

であれば、小学生のうちから「上でプレーすること」を念頭に置いて、しっかりと打球を飛ばす練習をさせた方がいいのではないでしょうか?

それにしても、石毛さんの打撃理論と、私が発明した「シーソーの上で素振りをする練習」が理論的にあまりにも合致していて驚きました。これは石毛さんに「推薦の声」をもらって商品化するしかないですね。

 

 

 

 

 

 

追伸;私たち古河スカイブルーはバッティングの指導においても、「その子の感覚」を最も大切にしています。決して押し付ける指導はしませんので、お近くの方はどうぞ見学にお越しくださいね。新入団選手も随時募集中!うちの「新ユニフォーム」は抜群にカッコいいよ!!



コメントを残す