ボールは上から覗きこめ!

上から覗き込めば自分の間合いで打てる


※このコラムは、管理人個人の主観と文責にてお届けしています。

先日の仁志敏久杯、対戦相手の「関城ムテキング」さんのベンチから、こんな声が聞こえてきました。それは「ボールは上から覗きこむんだぞ。」というアドバイスの言葉でした。

その言葉を聞いた時、私は「やっぱり強いチームは違うな」と思いましたね。

というのも、ボールを上から覗き込むと、インパクトの瞬間までボールから目を逸らさないので、体の開きが抑えられ、まるでプロ野球選手のようなフォームできれいに打てるからです。

これは、自分の「間合い」までボールを十分に引きつけてから打っているためで、インパクトの瞬間までボールを「上から覗きこんでいる」事がヘルメットの「ツバ」でわかります。

つまり、「上から覗きこんで打て」というのは、言い換えればボールを自分の「間合い」まで呼び込んで、「引きつけて打て」ということになります。確かに、ムテキングさんの選手たちはよく打ってましたね。

↑こちらの写真は、「西武ライオンズJr」に所属している茨城の炭谷銀仁朗こと秋葉くんのロングティー。小学生ながらすでにプロのようなバランスのとれたフォームで、ボールを上から覗き込んで打っているのが、帽子の「ツバ」でわかりますね。

↑同じく「西武ライオンズJr」の小野くんのロングティー。やはりインパクトの瞬間にボールを上から覗き込んで打っています。軸足の上に頭が残る「ステイバック」も完璧です。お見事。

それに比べると、うちはチームで一番長打力のある四番打者でも、インパクトの瞬間は「ボール」ではなく「前」を見ているのがヘルメットの「ツバ」でわかります。

体の「開き」も早く、この時点で胸がピッチャーと完全に「正対」しているので、かなり自分の「間合い」よりも遠いところ(力の入らないところ)で打っていますね。

そのため、必然的にミスショット(3塁線のファウル)も目立ちます。フォームもプロとの違いは一目瞭然。まだまだ「草野球」でよく見かけるレベルです。

まだまだ伸びる!天性の素質!!


だけど、逆に言えば、今はこの打ち方で弾丸ライナーを連発できるのだから、彼にはボールを遠くに飛ばす天性の素質があるのです!

もちろん、全国レベルの子と比較するのはまだまだかわいそうだけど、立て続けの満塁のチャンスで凡退した悔しさは、こういう所から改善していこう!君が落ち込むことなんかないぞ!!

ボールを上から覗き込んで、自分の「間合い」までしっかりボールを呼び込めば、もっと確実性は上がり、打球もセンター方向中心になってくるはず。同じ茨城の小学生ができているんだから、君にだって絶対にできるよ!

 

 

 

 

 

 

 

追伸;私たち古河スカイブルーはバッティングの指導においても、「その子のバランス」を最も大切にしています。お近くの方はどうぞ見学にお越しくださいね。新入団選手も随時募集中!うちの「新ユニフォーム」は抜群にカッコいいよ!!



コメントを残す