強打者の共通点

強打者には共通の特徴がある

※このコラムは、管理人個人の主観と文責にてお届けしています。

強打者には共通の特徴がある


実は、強打者には共通する特徴があります。その特徴はバットのグリップの「上下の動き」と、ステップした時の「距離の取り方」です。

メジャーで言えば、古くはベーブ・ルース、バリー・ボンズもそうですし、日本のプロ野球で言えば、落合博満、王貞治、中村紀洋、今年大ブレイクの山川穂高、全てに共通しています。

まず、一つ目のバットグリップの上下の動きですが、強打者は全て最初に構えた位置から一度グリップを下げます。必ず一度グリップを下げてからトップの位置までもう一度上げる動きをするのです。

二つ目の距離の取り方ですが、強打者は必ずステップした時にバットのヘッドがトップにきます。ステップした足が着地する時にボールに対してバットのグリップが「最長距離」にあるというわけです。

なぜ、グリップを上下させるのか?


その理由は実に単純な話なのですが、一度下げてから上げると、その反動でバットが振りやすくなるからだと思われます。実際にやってみるとわかるのですが、例えば、最初から高い位置で構えていてその位置から振り出すのと、一度下げて上げた位置から振り出すのでは「振り出しやすさ」が全然違います。

グリップを一度下げてから上げると、そこに一瞬無重力空間が出来上がり、その反動でもう一度下がろうとするエネルギーが働きます。

つまり、「静」の状態から力を入れて振りに行かなくても、まるでバットが勝手に落ちてくるようにやわらかくバットを振りだせるわけです。やわらかく振り出せるということは、手首の自由がきくわけですから、バットコントロールが良くなります。

バットコントロールが良くなれば、当然、ミスショットも減りますよね。

一見すると高い位置で構えていてその位置から振り出しているように見える大谷翔平も、実は小刻みに上下に揺らしているのがわかります。

なぜ、最長距離を取るのか?


次に、ステップした足とグリップの距離を最大限に取る理由ですが、これも単純な話で距離を取った方が威力が増すからだと思われます。ボクシングの「ストレート」と同じ理由です。距離の短いジャブで相手をKOするのは難しいですが、距離の長いストレートや、マイク・タイソンがよくやっていたジャンプしながらの強烈なフックは距離が長く、威力十分のKOパンチです。

もう一つの理由は「タメ」を作ることで、タイミングを外されても自分の「間合い」で打てるように一瞬の「時間調整」をしているためだと思われます。ストレートを待っていて変化球が来た時にも、それに対応できるように「間」を取っておくのです。

この「距離を取る」というのは意外に難しくて、とくに小学生でこれができる子は少ないですね。だいたい子供はステップのタイミングでバットも振ってクルっと回っている(軸足で回る)ことが多いですから「ステップのタイミングでテイクバック」という感覚がわからないようです。

「上から叩け」の弊害


特に構えた位置から「最短距離で上から叩け」と教え込まれている子ほど、ステップと同時にスイングをはじめるため、いわゆる軸足で回る「ノック打ち」のような打ち方になってしまいます。ステップのタイミングでテイクバックをして「タメ」をつくる、という作業ができないのです。

それでも、変化球のない小学生のうちは、その打ち方でも「いい当たり」を連発するかもしれませんが、このような軸足で回る打ち方は、中学に上がって変化球を投げられたら全くタイミングが合わずに空振りばかりすることになります。

もしこれができて、タメを作ることに成功すれば、ステップした時点ではまだバットのヘッドが残っているわけですから、最長距離で威力十分のスイングができることになるわけです。

仮にタイミングを外されても、バットのヘッドが残っていれば、何とかファウルで逃げることも可能です。

強打者は、これらを「自分のバランス」で組み合わせているんですね。だから共通する特徴は同じでも、フォームそのものは人それぞれ変わるというわけです。

実際に見てみましょう



グリップを一度下げてからテイクバックでもう一度上げる。ステップ足が着地した時が「最長距離」になりトップの完成。

そこからひざ、腰、バットの順に下からうねり上げる。そしてバットが肩に巻きつくようなフォロースルー。

 

今度は、実際に山川選手のスイングをスローでチェックしてみよう。

山川選手は構えの時点ではスタンスが狭いですね。ここから足を上げる時に一度バットのグリップが下がっています。

そしてステップ足が着地した時が「最長距離」となり、グリップは耳元まで上がっています。

かなり大胆にステップした後、後ろ足を少しだけステップ足の方に引っ張ってきて回転しやすいようにしているのがわかります。

実にすばらしい完全な強打者のスイングですね!元々の体格もいいので、ホームランを量産する理由がわかります。

こちらはデビッド・オルティーズのスイング。実戦のスイングじゃないので軽く振っていると思いますが、やはりバットのグリップを一度下げてから上げていますね。

続いて、王選手のスイング。同じく実戦じゃないので軽く振っていますが、バットのグリップは上下しているのがわかりますね。一本足が着地した時が最長距離であることも共通しています。これが強打者の共通点なんですね。

 

 

 

 

 

 

追伸;私たち古河スカイブルーはバッティングの指導において、「その子のバランス」を最も大切にしています。お近くの方はどうぞ見学にお越しくださいね。新入団選手も随時募集中!うちの「新ユニフォーム」は抜群にカッコいいよ!!



コメントを残す