仁志杯の応援に・・・

前監督が駆けつけてくれました!

 

10月8日、仁志杯当日。

私にとっては息子が在籍していたころからの恩人で、娘にとってもチームを辞める危機から救ってくれた恩人である前監督が、仁志杯の応援に駆け付けてくれました。

25年にわたり古河スカイブルーに貢献してくださった前監督が突然辞任してから、およそ3ヶ月。

元々、体調面などを考慮して父母会としては任期満了をもって10月以降の続投はお願いしない方針でしたが、それでも年間スケジュールを完璧に把握しているのは前監督ただ一人でしたから、来てくださると運営側は本当に助かります。


試合結果は、期待に添えられないもので残念な結果に終わりましたが、次の試合こそ、前監督を安心させられる試合内容にしたいと思います。

思えば、ちょうど昨年の今頃、娘がある理由で練習に行くことを嫌がり、何かと理由をつけて練習を休んでいた時、そのある理由の問題を解決してくださったのが、前監督でした。

そして、娘が練習に復帰した時、目に涙を浮かべ、一瞬言葉を詰まらせながら「戻ってきてくれて本当に嬉しい」と言ってくださったあの光景を私は生涯忘れません。

今思い出しても、私も涙が浮かんでくるほどです。


今日は応援に来てくださり、本当にありがとうございました。感謝しています。

そして、25年間本当にお疲れ様でした。



コメントを残す